11/05/2016
3946
日本の実習生

日本に実習生の技能訓練プロラムについてご紹介
 

労働輸出業は、人的資源に貢献する社会経済開発の一種であり、雇用を創出し、収入を発生させ、労働者のための専門スキル、外国語能力を改善させることで、人々の生活を向上させます。国のための外貨獲得、失業者数の減少、技術習得、地元の雇用創出に貢献し、他国との国際協力を強化します。
 
現在、政府の労働者輸出を促進する目的で、ベトナムの労働者を受け入れる国の数は増加しています。 多くの国でベトナム人労働者が働いてきました。労働者は自身の家族のために大きな利益をもたらしているだけでなく、ベトナム経済の全体的な開発動向に貢献しています

VIMASの主要な市場の一つとして、日本は多くのベトナム人労働者を受け入れてきました。
この市場は、高い安定性を持った根強い市場であり、給料も高く、雇用者と労働者との関係は一般的に非常に良いです

他の市場に比べると、日本のベトナム労働者を受け入れるプログラムの特徴は名前と基準です。
プログラムの名前は「技能研修生受け入れプログラム」です。
プログラムの基準は、日本とベトナムの両国の間に合意に基づいて実施されています。

プログラムの主な目的は次のとおりです。
「業界における技術、技能や知識の伝達は、発展途上国の経済開発と人材に貢献します。

しかしながら、私たちはベトナムの視点に立って言えば、
プログラムに参加する従業員は、海外で期限がある仕事に派遣され、労働輸出プログラムを理解する必要があります
 
したがって実習生は、仕事は自身にとって快適なことであり、無規律であってもよいという考えを排除する必要があります。
規則正しい生活、厳しい規律と時間で仕事します。
組合と送り出し機関の命令と規定に従って遵守しなければなりません。

実習生プログラムは 2種類があります。
- 1年間実習生プログラム
- 3年間実習生プログラム
日本の実習生